暮らしいろ 暮らしいろ

身近な風景の「色」を思い浮かべてみて下さい。
空は「青」、葉は「緑」?
実は、日本にはもっと豊かな色が存在します。
それは昔の人が自然と向き合い、その刹那的な美しさを暮らしに取り入れていたひとつの形。
そんな、四季とともに生きる日本人ならではの繊細な感覚を想いながら、
「今」しかない風景の色に目を留めてみませんか。

3月 卒業式 3月 卒業式

濃紺

濃く深い紺色を濃紺といいます。古くは藍染めの染物屋を紺屋(こうや)と呼んでいました。その当時、紅屋、紫屋もあったようですが、紺屋が染物屋の代名詞となったのには理由があります。日本古来の染色では、色が濃いものほど地位が高く、紅や紫を濃く染めたものは奢侈(しゃし)禁止令(きんしれい)によって庶民には制限されていました。しかし、藍染めの青だけは濃く染めたものでもおとがめがなかったといいます。そのため、広く庶民に愛された色の一つでもあり、現代でも「ジャパンブルー」の色名で世界に広く知られています。

2月 節分 2月 節分

香色

薄い黄褐色を香色といいます。丁子(ちょうじ)や沈香(じんこう)、伽羅(きゃら)などの香木で染めたものを香染といいますが、その色のことを指しています。また、色の濃淡で、淡(うすき)香(こう)、中香(なかのこう)、濃(こき)香(こう)と呼び分けていました。
平安貴族に大変好まれた色のひとつで、源氏物語や枕草子などにも度々登場しています。香木は非常に高価なものだったため、源氏物語に登場する夕霧があらたまった席で装う様子が描かれています。当時、調合したお香の薫りを競う「薫物(たきもの)合わせ」が流行し、色と共に香りも楽しんでいた様子がうかがえます。

1月 門松 1月 門松

松葉色

松の葉のようなくすんだ緑色を松葉色といいます。古くから伝わる色名の一つで、枕草子では狩衣(かりぎぬ)の色目として登場しています。「狩衣は 香染(こうぞめ)の薄き。白き。ふくさ。赤色。松の葉色。青葉。桜。柳。また青き。藤。男はなにの色の衣をも着たれ。」狩衣とは、平安時代の公家が着用した略服のことで、松葉色は四季を通じて用いていました。これは、松葉が一年を通して色を変えないことからです。そのことからも、松は永遠の命を象徴しており「神が宿る」とされ、現代でも祝い事に広く用いられています。

12月 イルミネーション 12月 イルミネーション

群青色

やや紫みがかった深い青を群青色といいます。青が群れると書く通り、青の集まりという意味の色名です。鉱物である藍銅鉱(らんどうこう)から取られた岩群青という顔料のことで、瑠璃の顔料が知られるまでは最も美しい青と言われていました。しかし、瑠璃は高価なため代替として岩群青が多く使われています。古代から日本画の代表的な青色として、仏教美術などにも使用されて来ました。寺院仏閣では繧繝彩色で見て取ることができます。繧繝(うんげん)彩色(さいしき)とは、同系色の濃淡で彩色する技法ですが青にはこの岩群青が使われています。

11月 山茶花 11月 山茶花

紅鶸色

ベニヒワの頭頂の羽色のような少し紫みがかった赤のことを紅鶸色といいます。ヒワは、寒くなると日本に渡来し、暖かくなると北方へ去る渡り鳥。四季を告げる鳥として身近なものでした。伝統色では、動物に関する色名は多くはありませんが、鳥の羽色から取られた色は多々あります。装束の書「布衣記(ほいき)」に「ひは」の記述があり、鎌倉時代には「鶸色」が現れたと推測できます。ここでいう「鶸(ひわ)色(いろ)」はマヒワを表し鮮やかな黄緑色をしています。ベニヒワは、灰褐色で頭頂のみ紫みがかった赤色をしています。

10月 ハロウィン 10月 ハロウィン

柿色

柿の実のような鮮やかなオレンジ色を柿色といいます。平安時代後期の永昌記(えいしょうき)にも登場している、古くから伝わる色のひとつです。江戸時代になると熟した柿の実の色を照柿色(てりがきいろ)と呼ぶようになりました。そこから、柿の渋で染めた茶である柿渋色(かきしぶいろ)を柿色と呼ぶようになります。この柿渋色(柿色)は、現代でも歌舞伎の定式幕(じょうしきまく)に使われており、歌舞伎座では 「黒ー柿色ー萌葱」の縦縞、国立劇場では「黒ー萌葱ー柿色」の縦縞となっています。今では、柿色と言えば平安時代後期のような鮮やかなオレンジ色が一般的です。

9月 赤トンボ 9月 赤トンボ

茜色

アカネの根で染めた暗い赤色を茜色といいます。アカネは日本にも自生しているつる草で、名前の通り赤い根っこをしています。茜は藍と並んで人類最古の染料植物として知られています。邪馬台国の卑弥呼が魏(ぎ)に朝貢(ちょうこう)した返礼品として贈られたものが茜染の布だったといわれており、人類最古の染料であったことにも納得がいきます。また、万葉集の中にも「あかねさす紫野(むらさきの)行き標野(しめの)行き野守(のもり)は見ずや君が袖振る」との一節があり、赤く色づくことを形容する枕詞にも使われていました。茜空もこの茜色からきています。

8月 夏空 8月 夏空

空色

晴れた空の色のような明るい青を空色といいます。一般的に晴れ渡った空の色のことを指します。古くから伝わる色名の一つで、源氏物語の一節にも登場しています。「空色の紙の、曇らはしきに書いたまへり」。当時の恋文と言えば、文(紙)に色や香を付けるのが一般的でした。この一節では、薄墨がかかりくすんだ空色の文(紙)だったことが分かります。英語ではスカイブルーですが、ほぼ同じ意味を持っており、同じような色を表しています。

7月 スイカ 7月 スイカ

韓紅色

紅花で染めた鮮やかな赤を韓紅花といい、深紅(しんく)と同じ色をさします。紅花は中国長江地域にあった呉の国から渡来した染料(藍)を意味する「呉藍(くれあい)」から由来しており、その「くれあい」が「くれない」に転じたと言われています。日本初の国語辞典「言海(げんかい)」の改訂増補版「大言海(だいげんかい)」によると、「韓(から)は赤(あから)の略で、紅の鮮明なこと」を意味しています。この由来と意味を合わせると、韓紅花が鮮やかな赤だったことが分かります。
また、万葉集から「色に出(い)ず」「浅」「うつし」など紅(くれない)にかかる枕詞が多くあることからも、紫と並んで人々の憧れの一色であったことが伺えます。

6月 ジューンブライド 6月 ジューンブライド

瑠璃色

瑠璃のような鮮やかな青を瑠璃色といいます。瑠璃は仏教で七宝の中の一つで唯一青色をしており、インドより日本に伝えられて来ました。日本では青色ガラス質のことも瑠璃と表現することがあり、現在は正倉院にある瑠璃杯(るりのつき)もそこから来たと言われています。
ヨーロッパへは青い石の意味をもつラピスラズリとして伝わりました。この石から作られた顔料は至上の青とされ、聖母マリアの色とされています。マドンナブルーという色名も生まれ、多くの宗教画にも使われて来ました。

5月 端午の節句 5月 端午の節句

菖蒲色

ショウブの花のような鮮やかな青紫色を菖蒲色といいます。菖蒲色と書いて、ショウブイロ、アヤメイロ。ショウブイロと言えば青紫色、アヤメイロと言えば赤みの紫色です。
ショウブとアヤメは別の種類ですが、昔から区別があいまいで同じ漢字が充てられてしまいました。そのことから、現代でもよく混同されています。
「端午の節句」は、別名「菖蒲の節句」とも言われますが、ショウブの強い香気が厄を祓うと考えられています。特に、葉よりも葉の付け根や根茎に強い香気があります。

4月 鶯色 4月 鶯色

春告鳥

ウグイスの羽色のような渋い黄緑色を鶯色といいます。動物から取られた色名は数少ないですが、鳥の羽色から取られた色名は多くその中の一つです。
色名としては江戸時代に登場したものですが、ウグイスと人々との歴史は古く万葉集や古今和歌集にも度々登場しています。また、室町時代や江戸時代にはウグイスを飼養するのが流行し、声を競わせる「鳴き合わせ」なども行われていました。
現代では、うぐいす餅のような鮮やかな黄緑色が「鶯色」のイメージとして定着していますが、実際には渋い黄緑色をしています。

3月 桜餅 3月 桜餅

桜色

桜のような淡いピンク色を桜色といいます。
現代で桜と言えばソメイヨシノですが、桜色が出来た平安時代当時の桜と言えばヤマザクラのことでした。ヤマザクラは、白い花に赤い葉をつけます。このヤマザクラを遠望すれば淡いピンク色に見えたのでしょう。それから桜色は淡いピンク色となり、今も昔も春を代表する色となりました。また、お花見の歴史は古く桜色が出来た平安時代まで遡ります。宮中の人々に限られましたが、ヤマザクラを愛でる様子が源氏物語にも登場しています。

2月 氷柱 2月 氷柱

胡粉

白い顔料のことを胡粉といいます。
「胡」とは古代中国の北方民族のことで、日本では外国から渡来した白い粉という意味で胡粉と呼ばれています。古くは鉛白のことを指していましたが、鉛毒の害が知られるようになってからは、貝殻の粉末を白色絵の具として用いるようになりました。日本画に使用する白色絵の具としてだけではなく、他の絵の具と混ぜて新たな色を作ったり、発色を良くするための下塗りにも使用されています。
現在でも、日本人形や能面、神社仏閣の壁画などにも使われています。

1月 年賀状 1月 年賀状

銀朱

鮮やかな黄みの強い赤を銀朱といいます。「朱色」が硫化水銀を主成分とする天然顔料の色であるのに対し、「銀朱」は水銀と硫黄を混ぜ合わせた人工顔料の色です。
私たちにも馴染みのある朱肉の色です。
古代中国では朱肉を用いて押印した朱印は、皇帝の権威の象徴。日本においても、朱印は天皇の玉璽(ぎょくじ)や朝廷の権威の象徴でした。
戦国時代から江戸時代にかけては、現代同様に書類にも用いられています。
また、寺院や神社に参拝するといただける御朱印。
日本人にとって朱の色は特別な意味を持つ色となっています。

12月 クリスマス 12月 クリスマス

常盤色

松や杉など常緑樹のような濃い緑色を常盤色といいます。常盤(ときわ)とは永久不変を意味しています。冬になっても葉を落とさない常緑樹は、古来より永遠不滅や繁栄の象徴とされて来ました。また、万葉集や古今和歌集にも登場することから古くから伝わる色の一つであることが分かります。特に、松は永遠の命を象徴しており「神が宿る」とされています。お正月など慶事に松が使われることが多いのはそのためです。クリスマスツリーのモミの木もヒイラギも同様の意味を持っています。

11月 赤ワイン 11月 赤ワイン

葡萄色

葡萄色と書いて「えびいろ」と読む、珍しい色名の一つです。漢字の通りブドウの色に違いはありませんが、その当時のブドウと言えば山葡萄(やまぶどう)でした。山葡萄の古名はエビカズラ。その熟した実の色を表しているため、「えびいろ」と読みます。紫系の色は、平安時代に大変好まれたことから「葡萄色」は平安文学にも度々登場しています。また、同じ読みの「海老色」は、イセエビの甲羅の色を表した色です。「海老色(えびいろ)」と「葡萄色(えびいろ)」は色みも近く、音が同じため度々混同されて来ました。

10月 紅葉 10月 紅葉

赤朽葉

赤く紅葉し朽ちた葉色のような色を赤朽葉といいます。その葉色を連想させるような染色の色を表す色名です。平安時代の貴族たちは、自然風景からさまざまな色を感じ情緒あふれる色名を数々誕生させて来ました。この色名も、「落ち葉」や「枯葉」でもなく「朽葉」と表現する辺りが詩的で優美な世界感を感じさせます。

黄葉の朽葉は黄朽葉(きくちば)、緑の残る朽葉は青朽葉(あおくちば)と色みの違いや濃さによって色名がつけられ、秋に好まれる色の一つでもありました。

9月 中秋の名月 9月 中秋の名月

女郎花

オミナエシの花のような少し緑みがかった黄色を女郎花といいます。秋の七草にも数えられ、平安時代には秋に身に着ける色でもありました。万葉集の歌にも詠まれ、源氏物語にも度々登場する古くから伝わる色です。
また、能の演目「女郎花(おみなめし)」にも登場します。小野頼風(おのよりかぜ)とその妻のお話。頼風の心変わりを疑い妻は川に飛び込んで自殺してしまいます。妻を葬ると、そこから一輪の女郎花が生え…そして最後には頼風自身も自殺してしまうという悲恋話から別名「思い草(おもいぐさ)」とも呼ばれています。

8月 葉の裏側 8月 葉の裏側

裏葉色

葉の裏側を模した薄い緑色を裏葉色といいます。草木や葉に由来した色はたくさんありますが、全て表側の色を表現したもので、世界的に見ても葉の裏側を模したものは大変めずらしく貴重な色名です。
葉の裏側は表の色より薄い緑色であることから、それを表現した染色の色として誕生しました。柳の裏葉を表す「裏葉柳(うらはやなぎ)」の別名もあり、柳が裏葉色の元とされています。
自然と共に生き、四季の移ろいや、細かな違いを敏感に感じる日本人の繊細さが伺え、後世に伝えたい色名の一つです。

7月 夏の海 7月 夏の海

新橋色

地名の付いた珍しい色の一つで、鮮やかな青緑色をしています。今や新橋と言えば、サラリーマンの聖地ですが、明治時代は人気の花街でした。
化学染料で染め上げられた青緑色を新橋芸者が愛用するようになったことから新橋色と呼ばれるようになりました。天然染料とは異なる色調に当時の人は新鮮さを感じたことでしょう。また、置屋の多かった金春新道にちなみ別名「金春色(こんぱるいろ)」とも呼ばれています。今でも、銀座には「金春通り」という名称が残っており、銘板にもシンボル色として使われています。

6月 紫陽花 6月 紫陽花

紫陽花

藍のみで染めた強い青色のことを縹色といいます。藍染は、鮮やかな発色にするため黄蘗(きはだ)の染料で下染めを行いますが、縹色は藍の染料だけを用いて染め上げます。
平安時代には、縹色の濃淡にそれぞれ色名が充てられていました。深縹(こきはなだ)・中縹(なかはなだ)・次縹(つぐはなだ)・浅縹(あさはなだ)という具合です。色の微妙な濃淡を感じ、色名をつけ、それを味わうのは日本独自の感覚で、現代でも同系色・濃淡の組み合わせに美意識を感じるのはその為でしょう。この季節、紫陽花の微妙な濃淡を愉しんでみましょう。

5月 新緑 5月 新緑

萌木色

草木の若芽がいっせいに萌え出たような色のことを、萌木色または萌黄色ともいいます。
自然の生命が再生される喜びを表現した平安時代より伝わる色で、黄緑色の代表的な伝統色名となりました。若者を象徴する色でもあり、当時の若武者たちは鎧にこの色を使っています。現代でも、緑系の色は「若さ、再生、生命、自然」の象徴として利用されています。新緑のこの季節、公園や野山に出かけたら緑の空気を胸いっぱいまで吸い込んで気分を一新しましょう。

4月 夜明け空 4月 夜明け空

東雲色

夜が明け始める頃の、東の空のような色のことで東雲色または曙色ともいいます。
東雲とは当て字で、篠(しの)竹(たけ)の網目から朝日が差し込む様を表しています。当時は、壁などに竹で網目を作り、住居のあかり取りとしていました。そこから、篠竹の網目が「しののめ」となり、夜明けの空の色を表す色となりました。日本各地には「東雲」の地名がついた所が多々あります。昔から、春の夜明け空を眺めるのに一番良い場所だったことに違いありません。

文/カラー教室 Harmonia・ハルモニア 長澤陽子

ページTOPへ