大地の感動をシェア。 大地の感動をシェア。

ジオガシ旅行団

ジオガシ旅行団代表 鈴木 美智子さん 寺島春菜さん

伊豆半島は、かつて海底火山だった時代の
地層や変化に富んだ地形の宝庫。
その魅力に着目し、ジオ(土地)を再現した
お菓子【ジオ菓子】を作り
その地を巡るツアーを
企画運営する女性2人の活動が
注目を集めています。
南伊豆の自然と向き合う彼女たちの「想い」に
触れたいと、お菓子を手にツアーに参加してみました。

● プロフィール

伊豆の国市出身の鈴木美智子さん(デザイン・お菓子づくり担当)と、南伊豆町に生まれ育った寺島春菜さん(お菓子づくり担当)により2012年【ジオガシ旅行団】を結成。伊豆の大地のストーリーを伝えるため、「みる」「食べる」「行く」を体験できる【ジオ菓子】をプロデュース。お菓子を持って現地を巡る体験ツアーや料理プログラム等も実施。

地元・伊豆特有の「ジオ資産」に感動 地元・伊豆特有の「ジオ資産」に感動

一見すると岩石や鉱物の標本…と思いきや、よく見ると〈西伊豆町一色 枕状溶岩クッキー〉〈西伊豆町堂ヶ島 水底土石流パウンドケーキ〉〈下田市柿崎 斜交層理パイ〉など、すべて伊豆の地名のついた“お菓子”。そんなサプライズを「実際に現場を訪れて体験してもらいたいから」と、それぞれモチーフとなる場所(ジオサイト)の写真と地図、解説文も添えてパッケージに。伊豆半島の地形をリアルに切り取ってお菓子にするという発想が、なんともユニークです。

お父様が陶芸家で、身近に鉱物や土がゴロゴロ置いてある環境で育ち、学生時代は地学部に所属していたという寺島さん。
「友人の薦めでジオガイド養成講座を受講した時、そのあまりの面白さに感動し、大好きな伊豆の素晴らしい自然や文化をもっと多くの人に伝えたい!と強く感じたんです」。

もともと料理が好きで、地元でカフェを運営していたこともあるそうですが、なぜ岩や地層をお菓子で再現してみようと思ったのでしょうか?
「風景を見ていて“おいしそう”と思ったから(笑)」。

土地のストーリーを物語る、【ジオ菓子】誕生 土地のストーリーを物語る、【ジオ菓子】誕生

同じく伊豆の出身の鈴木さん。自然が大好きで「いずれは伊豆に戻って仕事をしたい」という想いを持って、都内の広告代理店でアートディレクターとして広告や映像の仕事に携わったのち、8年前に移住を決意。「この地の魅力をどう高め、伝えていくか」を、商品開発や観光などの“デザイン”という仕事を通して取り組んでいました。
「地元の方とふれあい、地域について知るほど、伊豆には宝があふれていることを確信しました」。
 また、寺島さんのびっくりするほど上手な料理の腕前にはもともとほれこんでおり、以前から一緒に何かしたいねと話していたそうです。

「土地の本質をきちんと伝えたい」という二人の想いが合致し、寺島さんの料理×鈴木さんのデザインで、その場所ごとの地質の成り立ちやストーリーも含めてプロデュースしたら、様々な「!」を詰め込み、受け手の感情を揺さぶる“体験型お土産ツール”になると考えたそうです。

地学的な切り口よりもっと気軽に、まず「食べる」ことで興味を持ってもらい、実際にその場所へ「行く」ことでリアルに体感し、伊豆の魅力を「知る」。その土地を“自分で感じて感動してもらう”ためのガイドツールとして、【ジオ菓子】が誕生しました。

この日も現地に着くやいなや、靴や靴下を脱ぎ裸足で岩肌を駆け上がっていくおふたり。表情はイキイキ、首から提げたルーペを手に、岩の隙間をのぞき見る瞳はキラキラ!

「一歩外に出れば、身近に自然が創りだした異空間が広がっているところが、伊豆の面白さ。潮の満ち引き、自然のままの植生、空と海の色あい…同じ場所でも来る度に表情が違うので、興味は尽きませんね」。

一緒に岩肌に寝ころんでみると、その土地が生まれた物語と重なって、彼女たちの言葉がよりリアルに感じ取れます。


取材者・ひまりも一緒に大地と一体化!自然を肌で感じることで、記憶に残る感動が生まれる。

ページTOPへ